栄養成分・原材料一覧

フリーダイヤル 0120-08-7667 FAXでご注文いただけます。

送料について

金魚の水遊び

涼やかに 尾びれ 胸びれ 揺らめかせ 目にも涼しや 優雅な姿
金魚すくいに 興じる夕べ 一瞬の 夏涼む 金魚の水遊び

金魚の水遊び

【6月中旬発売】
価格(税込) 【36枚入】
648円
賞味期限 製造から135 日
金魚すくい
夏から秋にかけて、各地は縁日でにぎわいます。様々な露店が立ち並ぶ中で、昔も今も人気が高いのが金魚すくい。金魚の歴史はとても古く、日本に上陸したのは室町時代末期と言われています。当時は高価な輸入魚であったために、大名や上流家庭のみで楽しまれた贅沢品でした。一般に普及し始めるのは、江戸時代後期になってからのこと。町で金魚やガラス製の金魚鉢などが売られるようになり、露店や金魚売りも現れるようになったのです。「きんぎょ~や、きんぎょ~」、なんて、天秤棒を担いで売っていたそうです。明治時代には、庶民の間で大流行となり、縁日には欠かせない「金魚すくい」も行われるようになったのです。