栄養成分・原材料一覧

フリーダイヤル 0120-08-7667 FAXでご注文いただけます。

送料について

夏みかんえびせんべい

シジュウカラの 鳴き声響く みかん山。新緑萌える なだらかな山の斜を、たわわに染める 夏景色。荷重の鮮烈 初夏の香り 夏いちばんのえびせんべい。爽やかな香りと味をお楽しみください。

夏みかんえびせんべい

【4月上旬発売】
価格(税込) 【45g入】 540円
賞味期限 製造から130日
ご購入(オンラインショップ)
初夏の香 夏みかん
新緑の美しい5月のはじめ頃、夏みかんの木に白い花が咲き、辺りに甘い香りが漂います。
またこの時期、冬になった実の酸味が落ち着き、夏みかんは収穫の時期を迎えます。
食べごろを迎えた夏みかん。果肉の粒をぷちっと噛めば、口の中に甘酸っぱい果汁が広がります。
日差しのまぶしい夏の始まりに、国産夏みかんの果汁を練り込んだ『夏みかんえびせんべい』で、爽やかな初夏の気分を味わってはいかがでしょうか。

初涼み

初涼み 税込1,728円

【4月下旬発売】
価格(税込) 【11袋入】 1,728円
賞味期限 製造から195日
ご購入(オンラインショップ)
栄養成分・原材料一覧
初涼み
万物が生気に満ち溢れ、草木が生い茂る初夏。陽光まぶしく、美しい季節の始まりです。
「春すぎて 夏にけらし 白妙しろたえの ころもほすてふ あま香具山かぐやま」 
(持統天皇『新古今集』)

百人一首でお馴染みの句ですが、日々深まりゆく山々の緑と白い衣の白さが目に浮かぶようです。
干した衣の向こうに広がる青い空、吹き渡る風の爽やかさ。
日本人ならではの鋭敏な感覚は、本格的な夏が来る前のひとときをとらえ、大切にしてきました。

恵みをもたらす雨のにおい、清流の清々しさ、日ごと長くなる影法師、
思わず日陰に涼を求める一瞬。
輝く夏はもうすぐです。

■ 初夏の情景三種 ■

吹きわたる緑の風に夏の訪れを感じる季節。「青もみじ」を押しあてたえびせんべいと、青紫蘇の香りのえびせんべいが、お口の中に初夏の風を運びます。 清流に身を躍らせて泳ぐ鮎。海苔渦巻きは、渦巻く水の流れ。波を意匠したえびせんべいの緑は、初夏の味「そら豆」を練り込んだもの。見た目も味も豊かで楽しい、日本の初夏の風景です。
       
古来より日本人に愛されてきた蛍。夕暮れ時、水面に舞い、川辺の草間 に儚く瞬く姿は、幻想的な日本の夏の情景です。抹茶風味の香ばしいえびせんべいの夏草に、金箔の蛍がやさしく光ります。
       

紫陽花

きらきら輝く雨のしずくと 紫陽花とかたつむりを意匠した 可愛らしいえびせんべいです。 初夏の風情をお楽しみください。

紫陽花

【5月上旬発売】
価格(税込) 【1袋(14枚入)】
【3袋入】
216円
648円
賞味期限 製造から195 日
彩り豊かな紫陽花
紫陽花は日本が原産と言われますが、江戸時代にイギリスに渡ると「東洋のバラ」と呼ばれて人気を博し、欧州各地で盛んに栽培されて品種改良されました。
日本でも研究が進み、品種改良などによって生まれた紫陽花の中には、聞けば情景が広がるような美しい名前が付いたものもあります。
細く可憐な花びらの紫陽花「乙女の舞」、繊細な白い花を付ける紫陽花「富士の白雪」、丸く大きな花がぐるりと輪になった様子が、まるで風車のような「紅風車(べにかざぐるま)」。
名前を知ると、雨の多い季節も彩り豊かに見えてきそうですね。