オーダーサービス
16/32

赤ちゃんのお披露目の場にもなる出産内祝い。ここでは、その内祝いを贈るにあたって押さえておきたいポイントをご紹介します。お昼寝アートを入れて、遊び心あふれる贈り物にしてみるのもいいと思います。自然光で撮影するとやわらかい雰囲気の写真になります。また、直射日光が当たると影が強く出てしまい可愛く撮れないため、窓から1~2m離れたところに背景を作るのがオススメです。椅子など高いところに乗って、真上から撮影します。カメラが傾いていると歪んで写ってしまうので、気をつけて。赤ちゃんが生まれた際、親しい人や日頃お世話になっている人に贈り物をすることが本来の「出産内祝い」です。しかし最近は、いただいた出産祝いに対するお返しという意味で使われることが多くなっています。自発的に贈るものか、お返しとして贈るものなのかは、地域によって異なりますので、住んでいる場所に合せた贈り方をするといいでしょう。贈る時期としては、赤ちゃんが生後1ヵ月になる、ちょうどお宮参りの頃が目安です。赤ちゃんが生まれてから1ヵ月は、お世話はもちろんのことイベントが目白押しでとても忙しくなります。赤ちゃんが誕生する前までに贈り物をどうするかを話し合っておくといいでしょう。15

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る