オーダーサービス
17/32

水引は贈り物を包装する紙にかける紙ひものことを指し、最近は、のしや水引がのし紙に印刷されています。水引の結び方は「蝶結び」と「結び切り」に大別され、出産内祝いでは紅白の「蝶結び」の水引を使うのが一般的です。出産は何回あってもうれしいお祝い事です。「蝶結び」は、結んでほどいてまた結び直すことができることから、「またありますように」と願いが込められています。お祝い事の場合、水引の本数は5本が一般的です。水引き蝶結び結び切りのしと水引が印刷されたものをのし紙といいます。贈り物の意味を表す「のし上」は「表書き」とも言い、「水引」から上側の部分です。出産祝いへのお返しの場合、「出産内祝」や「内祝」と書きます。「のし下」は「名入れ」とも言い、「水引」から下側部分です。出産内祝いの場合、基本的に赤ちゃんの名前を書きます。この時、読み仮名をつけると、より丁寧でしょう。出産内祝いの場合、控えめな印象を与える内掛けが好まれるようです。相手をお祝いするための贈り物ではなく返礼品であることを考えると、慶事を強調する外掛けよりも内掛けのほうが適しているといえるでしょう。ただし、直接手渡しをする場合は、外掛けがおすすめです。紙袋や風呂敷から出して相手に渡すとき、外掛けならどのような贈り物かがひと目でわかります。のし紙のかけ方のマナーは地域によって異なるので、相手が住んでいる地域のマナーを確認することも大切です。内祝いを贈る際には、品物だけでなくお礼状を付けると、より気持ちが伝わります。赤ちゃんが生まれて、慣れない生活で大変だとは思いますが、記念に残る大切な贈り物になりますので、楽しく贈り物を選べるといいですね。のし上(表書き)のし下(名入れ)出産内祝新太郎しんたろう外掛け贈答品を包装紙に包んでから外側にのし紙をかける方法内掛け贈答品にのし紙をかけてから包装紙で包む方法16

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る